« GMTでのバッチファイルを使ったコマンド入力 | トップページ | 後免町 »

2012年12月21日 (金)

GMTで観測点(psxy)説明文(pstext)を入れてみる

WindowsでGMT第7回、前回からの続きです。
連載のまとめはこちら(外部リンク)です。
ブログ内のカテゴリーGMT(地図ツール)からでも一括でみることができます。

観測点(psxy)説明文(pstext)を入れてみる。

できた地図に対して、観測点に相当する丸印と説明文を入れます。それぞれpsxyとpstextというコマンドを使用します。
フォルダは前回までと同じで
GMTのインストールフォルダc:\programs\GMT4
地形データETOPO1の保存先 c:\programs\GMT4\share\dbase
作業フォルダ d:\data\gmt
とします。前回作成したバッチファイルjapancoast.batを使います。ファイルの中身は以下のとおりです。
---------------------------------------
c:\programs\GMT4\bin\grdcut c:\programs\GMT4\share\dbase\ETOPO1_Ice_g_gmt4.grd -R120/155/20/50 -Gjapan.grd(改行)
c:\programs\GMT4\bin\pscoast -A150 -JM12c -R120/155/20/50 -W -P -Bg5a10f5:."Map": -G100/100/100 -Lf150/16/16/500+l+jr -K> mapbat.ps(改行)
c:\programs\GMT4\bin\grdcontour japan.grd -JM12c -C1000 -W1 -L-12000/9000 -O>>mapbat.ps(改行)
---------------------------------------

1.psxyで観測点を入れてみる。
d:\data\gmtフォルダに観測点の場所が書かれているファイルを用意します。ここではhydro.txtとします。これはメモ帳で普通に作成してください。
とりあえず中身は以下のように記載してください。
---------------------------------------
139:13.5 35:00.0
139:52.0 32:06.5
126:58.0 27:33.0
127:05.0 27:16.0
---------------------------------------
          ↑此処には半角スペースを1個入れます。
上から順に初島、明神、伊平屋、伊是名の経度、緯度が書かれています。経度緯度の間には半角スペースを一個入れてください。

バッチファイルの最終行、grodcontourの-Oと>>の間に-Kを追加します。また次の行にpsxyコマンドを書き加えます
---------------------------------------
c:\programs\GMT4\bin\grdcut c:\programs\GMT4\share\dbase\ETOPO1_Ice_g_gmt4.grd -R120/155/20/50 -Gjapan.grd(改行)
c:\programs\GMT4\bin\pscoast -A150 -JM12c -R120/155/20/50 -W -P -Bg5a10f5:."Map": -G100/100/100 -Lf150/16/16/500+l+jr -K> mapbat.ps(改行)
c:\programs\GMT4\bin\grdcontour japan.grd -JM12c -C1000 -W1 -L-12000/9000 -O -K>>mapbat.ps(改行)
c:\programs\GMT4\bin\psxy hydro.txt -JM12c -R120/155/20/50 -W6/200/0/ -Sc5p -O >> mapbat.ps(改行)
---------------------------------------
追加した-Kは、まだ次のコマンドがありますよ、という意味です。これを入れ忘れると図がうまく描けませんので注意してください。最後のpsxy以降は追記がないので-Kオプションはつけません。
psxyコマンドでは
psxy 描画点の緯度経度(またはxy)が書かれたファイル名 オプション
     ↑半角スペース               半角スペース↑
の順に記載します。オプションは次の通りです。
-J,-R,の各オプション:pscoastなどと同じで地図の種類と描画範囲の指定。
-Wオプション:色をR/G/Bで指定する。
-Sオプション:点の種類・大きさを指定する。cは円5pは5ポイントです。
これで赤丸が4個地図上に記載されます。

2.pstextで図中にキャプションをつける。
先ほどのhydro.txtに大して、文字情報を追加します。
---------------------------------------
139:13.5 35:00.0 10 -30 1 LM Hatsushima
139:52.0 32:06.5 10 0 1 RM Myojin
126:58.0 27:33.0 10 0 1 LM Iheya
127:05.0 27:16.0 10 0 1 CT Izena
---------------------------------------
pstextで使用する位置情報ファイルは次のように記載します。
x y size angle fontno justify text
各項目の間は半角スペースで区切ります。
x:経度
y:緯度
size:文字の大きさ(10ポイント)
angle:角度(0は横書き・-30で右下がり30度となる)
fontno:フォントの指定(1はHelvetica-boldに相当)
justify:座標点がテキストのどの位置に来るかの指定(Left / Center / Right と Top / Middle / Bottom を組み合わせ)
text:表示する文字列
なおpsxyコマンドでは位置情報ファイルの中で一番左と左から2番目の情報のみを使用します。左から3番目以降の情報があっても無視するため、ここで修正したhydro.txtはそのままpsxyで○印を描く際にも利用できます。

バッチファイルjapancoast.batのpsxyに-Kオプションを追加し、最終行にpstextコマンドを追加します。
---------------------------------------
c:\programs\GMT4\bin\grdcut c:\programs\GMT4\share\dbase\ETOPO1_Ice_g_gmt4.grd -R120/155/20/50 -Gjapan.grd(改行)
c:\programs\GMT4\bin\pscoast -A150 -JM12c -R120/155/20/50 -W -P -Bg5a10f5:."Map": -G100/100/100 -Lf150/16/16/500+l+jr -K> mapbat.ps(改行)
c:\programs\GMT4\bin\grdcontour japan.grd -JM12c -C1000 -W1 -L-12000/9000 -O -K>>mapbat.ps(改行)
c:\programs\GMT4\bin\psxy hydro.txt -JM12c -R120/155/20/50 -W6/200/0/ -Sc5p -O -K>>mapbat.ps(改行)
c:\programs\GMT4\bin\pstext hydro.txt -JM12c -R120/155/20/50 -O >>mapbat.ps(改行)
---------------------------------------
pstext 描画点の緯度経度(またはxy)他内容が書かれたファイル名 オプション
        ↑半角スペース                   半角スペース↑
の順に記載します。オプションはいままでのpscoastなどと共通です。

Japanxy


以上で地図の中に観測点と文字情報を記載できました。

« GMTでのバッチファイルを使ったコマンド入力 | トップページ | 後免町 »

GMT(地図ツール)」カテゴリの記事